« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月18日 (木)

ボランティア 帰国

  フィリピンより無事に戻ってきました。

皆様からの暖かい支援を、現地の学校に直接寄付させて頂いた事を

この場をお借りして深く御礼申し上げます。

フィリピンはとにかく暑く、30度の中、2つの学校へ行かせて頂きました。

1つは、マニラより車で片道4時間の地方の学校と、もう1つは、

トンドと言うスラム街の学校です。

学校の建物自体は綺麗に見えますが(ODAのおかげ?)、学校を1歩出たら、バラックや納屋みたいな家で生活をしています。スラム街の学校は、鉄条門のしっかりした中で子供たちを守ってる感じがしました。

日本の子供達の学習できる環境との違いがはっきりしています。

私達、大人をはじめ日本の子供達も、当たり前に思う学習環境の有り難さを忘れているような感じを痛感いたしました。

是非、また近いうちにもっと多くのフィリピンの子供達に学習用品であるノートや鉛筆、なわとび等直接持って行きたいと思います。

写真の一部をアップさせて頂きました。

スラム街の風景をもっと撮りたかったですが、外に出て撮ることは危険と

ボディーガイドから止められて出来なかったのが少し悔やまれます。

Img_0264

Img_0271_2

Img_0283

Img_0286

Img_0288

Img_0291

Img_0336

Img_0342 

Img_0371

Img_0372

Img_0373

家庭教師 福岡

家庭教師 福岡 携帯版   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

フィリピン支援PARTⅣ

明日出発します。

新しく預からせて頂いた支援の写真をアップ致しました。

皆様の温かい支援ありがとう御座います。

吉田さんからな貴重な現金も頂きました大切に使わせていただきます。

ありうがとうございます。

100キロ分集まりました。当社よりノート鉛筆50キロ

150キロの支援を届けに行ってきます。

2

生徒の寺田さんありがとう

Eoyama

e点会員小山さんありがとうございます

Esano

e点会員さのさんありがとうございます

家庭教師 福岡

家庭教師 福岡 携帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

フィリピン支援会員様よりPARTⅢ

沢山の支援ありがとう御座います。

追加の写真をアップいたしました。

これ以外にも沢山来ています。ご協力頂いた皆様にこの場をかりて御礼申し上げます。

生徒安部君、吉田さん、山本さん、岡田さん、時津さん島さんありがとうございます。

Abe

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

沢山の心温まる支援ありがとう御座います。

心をこめてフィリピンの子供たちに手渡しさせて頂きます。

Cimg2389

会社からはノート500冊鉛筆300本支援させて頂きます。

家庭教師 福岡

家庭教師 福岡 携帯 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

受験突入

福岡地区の高校受験生は今日がメインの私立入試です。それ以外の生徒も受験に突入中ですね。精一杯、自分力を出して欲しいものです。

話は少し変わりますが、動物には少なく人間にあるものは「つくる意思」「学習する意思」だと思います。

昨今の多くの子供たちは、塾や家庭教師、テキスト、通信学習等々勉強する環境は昔に比べると格段と整えられています。でも中々成績が上がらない子供達も少なくはないと思います。

何故でしょう?私が考えるには学習しようとする「意思」の問題だと思います。

例えば、カレーを食べたいと思って、鍋やルー、油、玉ねぎ、肉、火、皿、米、その他物はあってもカレーは出来ません。カレーを食べたいと思ってそれらの食材、物等を用いて作るという「意思」があってはじめてカレーは出来ます。

成績が上がらない子供たちの多くは、自分が学習しようとする「意思」や覚えようとする「意思」の少なさの問題だと考えます。

逆を言えば覚えようとする「意思」を持てば学力は上がるはずです。そのお手伝いとして、塾や家庭教師、家族の協力が必要であると思います。

下(マイナス思考や過去)を向かず、上(先や未来)を向いて行動すれば、良いことが近づいてくるものと私は、確信しています。だからこそ私は大学時代より26年以上もこの家庭教師派遣の日本学術講師会が存在できていると思います。

私たちは、子供たちに夢や希望そして勇気を教えてあげる仕事をしなくてはいけないことです。

家庭教師 福岡

家庭教師 福岡 携帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

心温まる文具が届いています

先日ブログで書かせていただきましたが、フィリピンの子供たちに文房具を直接持っていく企画を書かせていただき、まだ4・5日ですが会員の皆様より心温まるノートや鉛筆等が、毎日届いています。ありがとう御座います。

私の会社の主は、家庭教師の派遣会社ですが、今、一番受験生にとって大切な時期です。この時期にあえて行かせて頂くのは、大切な生徒が精一杯頑張っているからこそ私も何か行動させていただきたく思いフィリピンに行く決意をいたしました。

何で小さな子供たちがごみ山をあせくって生活をしなくてはいけないのか。勉強したくても学校に行くお金がない、学校行ける子供達も満足に筆記用具がない書くノートがない。

この目でしっかり見てきます。そして、私がお預かりしている大切な子供たちに語りたいと思います。

家庭教師を付けてもらっている、塾に行かせてもらっている。寒い時には暖房があり、机や椅子がある。生活が厳しい家庭にもノートや鉛筆はあるでしょう。有り難いと思う心をもっと日本の子供たちに話してあげたい気持ちです。

沖縄のNさんありがとうございます

Img_0199

大阪のTさんありがとうございます

Img_0198

福岡の中学生、住吉さん直接持ってきて頂いてありがう

Img_0200

神奈川のHさんありがとうございます

Img_0209

東京のTさんありがとうございます

Img_0208

T様はその他、現地のご協力の申し出も頂きました。

本当にありがとう御座います。

大切に現地の子供たちに手渡しさせて頂きます。

家庭教師 福岡

家庭教師 福岡 携帯

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

フィリピンの学校へ

2月11日よりフィリピンの小学校中学校へ行ってきます。

昨今、新聞やテレビ等でフィリピンのごみ山の子供たちなど勉強したくても出来ない多くの子供たちが生活している事をしり、私は教育を携わっている者として何か少しでも協力を出来ないかと思っていた中、知人がフィリピンの子供たちに古着や鉛筆等をボランティアで行っているのを知り、私も協力をさせて頂きたいと申し出、知人も喜んで承諾を頂きました。

中には送ればいいじゃないかといわれた方もいましたが、直接持参し、現地を見ることが大切だと思い「百聞は一見にしかず」実行致します。

知人に現地の学校の状況を聞くとノートや鉛筆が不足しているとの事でしたので、それらを現地の学校に持参しようと決意いたしました。

今、当社の会員様にあまったノートや鉛筆等をご協力をお願いいたしています。もしこのブログを見ていただいた方は是非少しでもご協力をお願い致します。

早速いくつか届いて着てます。本当にありがとう御座います。

P1010836

新潟お住まいのAさんより沢山の文房具を頂きました。

Img_0196

東京にお住まいのOさんより沢山の文房具を頂きました。

Img_0197

ありがとう御座います。大切に届けさせていただきます。

家庭教師 福岡

家庭教師 福岡 携帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »